仮想通貨のプロジェクトはGolangで書かれているものが多いのと、本業のサーバーサイド側ではGolangを採用しているため、ずっとGolang勉強したいなとは思っていて、今回「プログラミング経験者がGo言語を本格的に勉強する前に読むための本」を手に取りました。

元々A Tour of Goはかなり前に一通りやったのですが、ほとんど覚えていない事が判明しました… 本書はかなりコンパクトにGolangの言語仕様を紹介していて、書き始めたり、簡単なコードリーディングを始めるのに必要な最小有効量を勉強できました。

配列/Slice、Map、関数、メソッドなどのsyntaxがまだまだ手におぼつかないですが、少しずつ手になじませていきたいです。